お部屋にも地球にもやさしい暖かさに・・・

ホーム > プラサーモ床暖房 >

省エネ運転

効率的な省エネ暖房

プラサーモはヒーター自身が消費電力を自らコントロールします。 日なたと日陰があると、日なたの部分では発熱量を自動的に下げ、消費電力を低減して省エネ効果を発揮します。日照により床温度が3℃上がった場合、消費電力を10%カットします。 クッションなどの断熱性の高いモノを置いた場合も床温の上昇を感知して諸費電力を低減します。きめ細かく働いて、お部屋をムダなく暖房します。

>> 施工プランまたはお見積もりはこちら

日照条件による消費電力差(当社比較)

安心・納得の電気代 月々3,625円

8畳間(敷設率:62%)の場合、1日8時間のご利用で月々3,625円の電気代!
実使用の場合、住宅の断熱性能にヒーター性能が追従し、さらに省エネ効果が期待できます。

ランニングコスト(電気代)プラン

生活モードでのランニングコスト(LD8畳)

ページトップへ

安全運転

プラサーモ発熱体による安全機能

(1) 発熱体自身が温度を感知して発熱量を調整。人が床に寝転ぶとその床部分の発熱量が少なくなり、過度な温度上昇を防止します。
(2) 皮膚と床の接触を想定した温度評価法(EFCT)装置において、プラサーモは「38℃」と他社製品と比較して、低い値となっており「低温やけど」に対しても万全な配慮をしています。
(3) 高温にならない安全設計。異常時には、発熱体が絶縁状態になり電気を遮断します。
(4) 電磁波発生を抑制。そのレベルは、蛍光灯磁界強度の1/20以下。

>> 施工プランまたはお見積もりはこちら

低温やけど評価と磁界強度の例


長時間のテストで安全性を確認

クッションなどを置いた場合、安全装置がなければヒーターは、温度が上昇し、火災の危険があります。
プラサーモは、自らサーモスタット機能があるため一定温度以上にはなりません。
長時間の閉塞テストでも機能の変化はありません。

>> 施工プランまたはお見積もりはこちら

床暖房パネルにおける長期閉鎖テスト

ページトップへ

快適暖房

お部屋はいつも足もとからの暖かさ

プラサーモはヒーター部分が面状なので均一に加温し、リビングのような広い部屋でも床全体からの放射熱で、効率よく室温を一定に保ちます。

>> 施工プランまたはお見積もりはこちら

プラサーモ床暖房温度分布と温水式床面温度分布

ページトップへ

より詳しく知りたい方のために

総合カタログ

ご不明な点や、料金のお見積もりなどお気軽にお問合せください
ページトップへ